PEOPLE

つくることだけでなく、「届ける」ことにこだわりたい

#プランナー
プランナー
末浪 勝己

2019年入社

2019年サイバーエージェントに新卒入社。Craft Eggへ出向し、「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」のプランナーとしてゲーム開発に従事。学生時代の展示会での経験を胸に、日々ものづくりと向き合っている。

「たのしい!」という気持ちや笑顔を届けたい
就職活動はゲーム業界一本で

ゲーム業界を志した理由を教えてください。

元々、「仕事をするなら形として残るものを作りたい」と思っていたので、大学では映像制作を学んでいました。そこで経験したゲームづくりがすごく楽しくて、ゲーム業界への就職を視野に入れるようになりました。
そんな中、初めて作ったスマートフォンゲームをある展示会に出展することになったんです。当日、まわりの出展ブースは僕が作ったゲームよりもクオリティの高いものばかりで、正直「恥ずかしいな」と思っていました。しかし、展示会が始まると、ブースに小さい子が走って来てくれて、僕のゲームで遊んでくれたんです。「簡単にできる!たのしい!」と言って、何度も何度も遊んでくれました。
その姿を見ていたらとても嬉しくなって、恥ずかしい気持ちなんてどこかに飛んでいってしまいました。「たのしい!」という気持ちや笑顔を届けることがものづくりなんだということを知った瞬間であり、「これを生涯の仕事にしたい」と思うようになったきっかけでもあります。その後、就職活動はゲーム業界一本で行いました。

なぜCraft Eggを選んだのですか?

学生時代からガルパで遊んでいたこともあり、Craft Eggに興味をもっていました。Craft Eggで内定者バイトをしている人が身近にいて、とても働きやすくいい会社だと聞いていたのも大きかったですが、最終的には「ユーザーファースト」という言葉とその思想に共感したことで入社を決めました。展示会での経験から、つくることだけでなく、遊んでくださるお客さまに「届けること」を大事にしたいと考えていたので「ここしかない!」と。
入社して2年目になりますが、今でも展示会の写真を常に目に入るところに貼って、あの時の気持ちを忘れないようにしています。

現在の仕事内容とやりがいはなんですか?

プランナーとして、「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」(以下、ガルパ)の新しい施策の企画、開発を担当しています。
施策は、お客さまの声や感じている課題感などから「どうすればより楽しんでいただけるか」「今のガルパに必要なものは何か」ということをプロデューサーとすり合わせ検討しています。また、他の開発メンバーと話し合いながら様々な懸念をつぶし、施策を形にしていくのもプランナーの仕事です。
担当した施策がリリースされたときには、必ずSNSなどでお客さまの反応を見るようにしていますが、喜びの声を見つけては心の中でガッツポーズをしています(笑)。 やはりお客さまから好評の声をいただけたときに「届ける」ことができたんだなと実感しますし、やりがいを感じます。

RAISE A SUILENの追加は
それぞれが考える「ユーザーファースト」の積み重ねで実現した

これまでの仕事の中で印象に残っているエピソードを教えてください。

ガルパ4年目の大型施策として、「RAISE A SUILEN」というバンドのゲーム内追加を担当しました。その中で徹底的に「お客さまに満足いただくためにはどうすればいいか」と考え尽くしたことが、とても印象に残っています。

「RAISE A SUILEN」というバンドは、元々「バンドリ!」プロジェクトとしてリアルバンドの活動も行っており、たくさんのお客さまがゲーム内追加を心待ちにしてくださっていました。その分プレッシャーも大きく、「ずっと待っていてくれたお客さまをがっかりさせるようなことはしたくない」と強く思っていました。「ただ追加する」だけでは、ガルパの世界観と「RAISE A SUILEN」のバンドの世界観、どちらも壊してしまいかねません。そのため、キャラクター図鑑の背景や、エリアアイテムを設置したときの挙動など、細部まで徹底的にこだわり抜きました。ただ、お客さまの中にはこれからガルパを手に取り、そこで初めて「RAISE A SUILEN」を知る方もいます。そのようなお客さまのためにも、世界観にこだわり抜きながら、「ゲームとしての分かりやすさ」を損なわないよう気をつけました。

施策としての難易度が高く、開発チームの中で意見の衝突が起こることもありましたが、それもみんながお客さまの気持ちを真剣に考えていたからこそ。この施策はみんなが考える「ユーザーファースト」の積み重ねで実現したものなんです。 「RAISE A SUILEN」がゲーム内に加わった瞬間は社内も盛り上がって、みんな嬉しそうにガルパで遊んでいました。その姿を見て「社内のみんなもガルパのファンなんだな」と再認識しました(笑)。お客さまからも喜びのコメントをたくさんいただいて、本当に嬉しかったですし、ホッとしました。

「届け方」にもこだわり、
ガルパの成長に貢献していきたい

これからCraft Eggで挑戦したいことはなんですか?

ガルパをもっともっとたくさんの人に届けていきたいです。そして、そのためにはどうすればいいのか、今足りないものは何なのか、戦略的に考えられるようになりたいと思っています。
また、今は届けるものを「つくること」に集中して、目の前の仕事に一生懸命向き合っていますが、ゆくゆくはプロモーションのやり方など「届け方」も含めて考えられるようになることが目標です。職種の垣根を越えた挑戦もできるのがCraft Eggの魅力なので、これから様々な挑戦を経て、ガルパをひと回りもふた回りも大きなサービスにしていきたいです!

Message
From
堀内 勇樹
先輩
To
末浪 勝己
後輩

ゲーム内の様々な企画を推進してくれています。とにかく物事を前に進める力があって、末浪くんが動き出すことで、チームのみんなが動き出す。そんな、チームに不可欠な存在です。未経験のことにも物怖じせずどんどん飛び込んでいき、トライアンドエラーを繰り返して成長いく姿は、後輩ながらすごく頼もしい!これからの活躍にも期待しています!

One day
CLOSE

One day

10:15 AM
11:00 AM
3:00 PM
9:00 PM

企画チームの朝会。施策の進捗やKPIの共有などを行います。

たくさん頭を使う仕事は、午前中に集中して行います。よくゲームを触って体感を確認しながら施策を考えます。

新しい施策について方針合わせのミーティング。課題や企画案について話し合います。

帰宅して一息ついたらインプット。最近はより視野の広い企画ができるように、マーケティングについて勉強しています。